難病を癒す砂療法、砂袋療法の実際

  ◆ 砂療法の驚くべき効果と体験の実例

  ★すごい毒素が出る

  砂療法は、どんな病気にも効果が表れる非常に安全な療法です。健康な人でも体の中には毒素が固まっているので、年に2,3回毒だしをしておくとよい。

  動けない病人は無理ですが、結核や癌などの治りにくい病気にも効果があります(結核の人は夏でも寒い時は注意してください)。

  まず、砂に入ると、足やお腹がズキンズキンと力強く脈打つのがわかります。お腹がゴロゴロしてガスが出たり、ゲップが出たり、蕁麻疹が出たり、

  吐き気がしたり、人によっていろいろです。不健康で毒素を溜めこむほど反応も出やすいのです。気持ちよく大掃除する前に、砂は体内にある不必要な

  ものをどんどん出してくれるが、それがまずガス体となって放出されます。このガス体は強烈な異臭を伴い、頭が痛くなるほどで、これを治すには砂に

  入ることです。2時間ほどで治ります。それほど、すごい毒素が体の内から出るのです。実際に体験してみないと分かりません。砂療法を初めて、
  
  1日目は良く眠れず吐き気や頭痛を訴える人もいます。これは毒素が出にくいためなのです。丈夫な人、慣れた人は毛穴が開きやすく、皮膚呼吸も

  良くできるのですが、不健康な人や慣れない人は、毛穴が塞がって出にくいものです。体は出そうとして行動を開始するのですが、まだ準備が不十分で

  毛穴が出してくれないので苦しくなるのです。こうした自然の恵みによる療法は、薬で効果を促進するのと違って、自然に悪いものを出してくれます。

  その為、体に大きな変化が起こり、一時は悪くなったように思いがちですが、決して心配はいりません。ゆったりと、自然の成り行きに任せていると、

  必ず素晴らしい効果がやってきます。自分の体の中に、こんな毒素が溜まっていたのかと驚かれることでしょう。砂療法は、安全でどんな人にも

  勧められることです。肌もつるつるしてきます。

  ★癌、腰痛、神経痛が治癒した人たち
  
  慢性病の人は、夏の間にできるだけ回数を多く入るようにしましょう。夜明けとともに夕方まで、12時間位入る熱心な人もいます。また、近くの海で

  2,3時間入っただけで効果があった人もいます。大切なのは、何が何でも病気を治さなくちゃと、力んで入るのではなく、心も体もすべてを自然に任せて

  ゆったりと砂に入ることです。病気ばかり気にして心の安らぎのない人は治りにくいもの。ゆったり入る人は、神経も細胞も開いて自由に自然の力が

  入ってきます。
 

  ★好転の為の転換期症状が1時期現れる

  砂から上がって入浴を済ませてから、頭痛や吐き気を訴えた人、全身に蕁麻疹が出た人、あちこちが痒くなった人ーこれらは、よくなる為に悪いものを

  出そうとして、自然が働き掛ける好転症状なのです。虚弱体質の方は、こうしたはっきりした好転の為の転換期症状は出にくいのですが、気分爽快で

  良い方向に向いていることが自覚されます。何でも内にこもっているものは良くないので、痛み・熱・咳・脂汗・鼻汁等々、出てくるものは皆有難いのです。、

  ★宿便を排出した人、半身不随を癒した人たち

  お腹が痛くなったと思ったら、真っ黒なコールタールの様な宿便が出た方もありました。これは臭気も特異で、普通便とは全く違います。腸壁に長いこと

  へばりついていた便で、普通では決して出てくれないのです。この方は、普段から玄米自然食をやって、時々断食をして修練していました。宿便は断食を

  2週間以上して良く出たりするものです。これが出ると腸の大掃除が始まるから、全身の体調が良くなり、慢性病なども治ってしまいます。宿便の解決が

  できることは大変なことです。他にも、魚の目が落ちた、リウマチが治った、半身不随の人が長期間頑張って治った例、つわりが治り食欲が出てきた等々。


  ★解明されてきた毒素を引き出す砂の働き

  暖かく広く大きな自然の親切に、心を開いて信頼をゆだねる時、自然の素晴らしい力は思い切り働いてくれるのです。毒素を引き出す砂の働きの、

  科学的な解明がなされ、「土や砂の中のスプチリス棹菌は好んで一酸化炭素を吸収して炭酸ガスに変える」という研究発表がなされました。

  このスプチリス棹菌が毒素を引き出して中和するという事実は、砂療法の効果を証明するものです。スプーン一杯の土や砂の中には何億という細菌が

  住んでいて、これらの働きで浄化殺菌されると、自然の中にある電磁波や遠赤外線の働きも大きいようです。

  ★砂療法の注意と心得

  まず注意することは、砂や土に入ったあと、すぐ水で体を洗うつもりで、海や川に入ってはいけないということです。土や砂の力で細胞が開放されて

  自由に活動し、新陳代謝が盛んになり、血行もよくなっています。こうして弱っていた神経や細胞が活動を始めたのに、いきなり冷水をかけたり、

  冷たい水に入ると、細胞は縮んで毛穴はふさがってしまいます。折角どんどん出ていた毒素やガス体も、ピタッと止まってしまうのです。丈夫な人なら

  水に入っても別に変った症状は出ないが、弱い病人はすぐにこたえますので、注意してください。 次に、砂療法の心得をあげます。

  ✦空腹の時のほうが効果があるので、病気を治したい人は、朝食・昼食抜きにしましょう    ✦砂から出た時は、毒素を吸い出してくれた砂に感謝して、

  入った穴を埋めましょう     ✦砂は乾いたタオルですっかり落としてからお風呂に入りましょう     ✦夜、砂に入るのは危険です。オートバイが走る

  ことがあります     ✦日帰りコースの場合、お風呂やシャワーがあればよいが、ないときは体を日光に少し当てて砂を乾かしてから、乾いたタオルで

  拭き取って、自宅に帰ってからお風呂に入ります     ✦あきたら本を読んだり、ラジをを聞いたりしてリラックスして入ると、神経も細胞もゆったりして、

  自然の力も受けやすいので、まず気持ちを安らかに楽しく入りましょう     ✦気持ち悪くなっても、お風呂に入れば毛穴が開いて治ります。それでも

  治らない時はすぐまた入るか、梅肉エキス、または梅干しに醤油をさし、熱い番茶を入れて飲めば治ります。